名古屋市中区新栄にある真宗高田派 久遠寺のウェブサイトです

久遠寺縁起

宗祖 親鸞聖人
宗派 真宗高田派
本山 真宗高田派専修寺
寺号 久遠寺

山号 賢隆山
住職 第十九世  髙山元智
本尊 本尊阿弥陀如来像(伝空海作)
経典 浄土三部経(佛説無量寿経、佛説観無量寿経、佛説阿弥陀経)
寺宝 浄水石(天保4年寄贈)、親鸞聖人絵伝(四幅)

〜沿革〜

往昔
当寺は、伊勢国楠村の城下にありました。

永禄十年(1567)
伊勢国長島へ移転しました。

天正元年(1573)
清洲城下への願入を行い、後に清洲へ移住。 当時の文献には、『福島宰相正則朝臣を便り、「便利な地を見立てて移るべし」と申され、この言葉を受け、尾張国清洲五条橋の地・朝日郷に移住し「久遠山見立寺」と号しました。』と記されています。

慶長15年(1610)
当寺中興開山浄光上人により、現在の地に至り「見立」を改め「久遠山賢隆寺」と改称しました。
浄光上人は、久遠寺過去帳の中で事実上の開基上人であります。

宝暦11年9月4日(1761)
当寺第九世昴運上人によって、山号寺号をひっくり返し現在の如く「賢隆山久遠寺」と山号寺号を改めました。

昭和20年3月19日(1945)
夜の大空襲によって境内建造物等全て焼失しました。 辛うじて、ご本尊阿弥陀如来像、掛軸数本が当寺第十八世貞親上人により難を免れました。

昭和22年
名古屋市の戦災復興土地区画整備事業(1947~1957)の一環で、市内に点在する279ヶ寺の墓地、合わせて約18ha、189,030基を平和公園へ移転しました。かなり徹底した事業で中区、東区、熱田区の寺院が中心に移転し、久遠寺墓地も移転しております。

昭和28年
戦後、焼け野原であった境内地に、先住職貞親上人・京子坊守と御檀家、御同行の多大な尽力により本堂建立。

昭和32年
庫裡を建立。

昭和41年
祖師聖人700回大遠忌記念事業により、書院を建立。

平成12年6月
書庫を建立。

旧庫裡

旧庫裡

平成17年11月24日
旧庫裡を取り壊し、、御同行の多大な御懇志によって、新庫裡を㈱大脇によって建立しました。 会館名を、当寺第十八世住職(聞教院釋歓喜貞親上人)の法名から歓喜の語を頂戴し、当寺が祖師聖人の教えを聞かせて頂き、身を歓ばしめ心に喜ばしめる願いを込め『歓喜館』と命名しました。境内もこの機会を御縁とし、正門、参道、外壁を整備しました。

平成18年6月17日
歓喜館落成慶讃法要を勤修。現代社会の拠所となる新しい聞法の道場を完成させました。

平成20年3月
受付・休憩所を建立し、葬儀・行事等に利用できるように整備しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まちのお寺の学校 「久遠寺校」

当寺で開催されておりますヨガ教室、その他講座等はこちらをご覧ください。 まちのお寺の学校

お寺の掲示板

お寺の掲示板

法話会のお知らせ

法話会のおしらせ

次回の法話会は平成28年度法話会日程です。 
ご法話は13:30〜15時頃まで予定しております。
皆様のご聴聞を心よりお待ちしております。

予定日程と布教使は

1月22日金曜日≪戸田恵信師≫
2月22日月曜日≪戸田恵信師≫
3月29日火曜日≪戸田恵信師≫
4月22日金曜日≪戸田恵信師≫
5月20日金曜日≪高山信雄≫
6月22日水曜日≪戸田恵信師≫
7月22日金曜日≪戸田恵信師≫
9月28日水曜日≪戸田恵信師≫
10月8日土曜日≪戸田信行師≫
当山報恩講 14時頃〜15時まで
11月16日水曜日≪高山信雄≫
12月16日金曜日≪戸田恵信師≫

万障お繰り合わせの上、是非ご聴聞ください。

久遠寺の蓮~成長記録~

蓮
Copyright © 賢隆山 久遠寺 All Rights Reserved.