沈丁花、はなもも、木瓜など春の花たちが境内を彩ってくれています。
なんだか賑やかですね。

下ばかり目をやっていると、なにやら枝がいっぱい落ちている。
今年に入ってから、楠の木の下に桜や違う種類の枝があるのは気づいていました。
けれども、強風の時が多く、隣の桜が折れたのかな程度にしか認識しておりませんでしたが、、、、

子どもが境内を遊んでいる最中に
「あ、カラスの巣がある!!ほら、ここの上」

と言われ、上を見てみるとカラスの巣があるではありませんか。

どうりで枝がいっぱい落ちているわけです(笑)
ようやく謎が解け、スッキリ。

下は春の花々、上はカラスのお部屋とのんびりした時の流れを感じさせてくれます。
暖かな陽気です、お時間がありましたらぜひお寺までお出かけくださいませ(-人-)

南無阿弥陀佛