墓の小屋を修理しました。

昭和59年に建てたと記載があり、もう30年以上現役で頑張り続けてくれています。
これもお檀家のKさまがしっかりと作ってくださったおかげです。


けれどもどうしても経年劣化が激しいところも多く、修理が必要になってきました。
作ってくださったお檀家さまに頼みたいところですが、もう10年以上前にご往生されておられ、今回はわたしのお茶の稽古に来てくれる同年代の大工さんにお願いしました。

なるべく現状を変えることなく必要な部分のみ修理し、こちらの思いも汲み取ってくれなるべく長く使えるように丁寧に修理をしてくれました。

新たに修理された小屋。
これからもお参りのたび、お参りの方々の休憩所となるよう大切にしていきたいです。

南無阿弥陀佛