普通って何でしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20180324-00083068/

この記事を読んでから「普通」とはが頭をよぎるようになりました。

お茶のお稽古でも「普通に(お道具を)持つ、普通に座る、普通に回ってください」
そんなことを知らない間に使っている私。

子どもたちに「普通はこう考えるよ、普通はこうするべきだ、普通にしておきなさい」
そんなことを知らず知らず使っている私。

私の中で普通のこと=当たり前なことだけれども、周りの方からはそれは普通ではない、普通に考えないことである、その普通は普通じゃない」と言われそうなものです。誰にしも言えることで、自分の普通はそんなに普通ではないかもしれないし、普通という統計的に多い、という概念を押し付けていることさえあるのだな、と知らされました。

その「普通」に悩んでいる人たちもいる。

ご法話であなたはあなたのままでいい、オンリーワンだよ。と、一見優しく包み込む言葉。
でもそれで苦しみが絶えることはないのかもしれません。
人はやっぱりそこそこ一緒のところにいたい、そんな意識があるのかもしれません。
抜きん出るより、あの子と一緒、それが何となくの安心になってしいます。

普通。
簡単で難しい言葉となりそうです(笑)

身の回りの言葉、もう少し注意して考えてみたいですね。

 

南無阿弥陀佛