名古屋市中区新栄にある「笑顔になれる寺」真宗高田派賢隆山久遠寺のご縁ネットワークです

久遠寺Photo

久遠寺の日常を写真でお伝えします。

特に写真映えするのは「蓮」。街の中に堂々とさく蓮に思いを馳せることも。

蓮は泥の中で育ち、そこからきれいな花を開くことからとても仏教でも尊ばれています。泥は五濁悪世の我々衆生のすがた、そこに咲く清らかな蓮は仏様こころを頂戴した華のこと。つまり阿弥陀仏が私たちを救ってくれた姿として例えられています。親鸞聖人が著された『入出二門偈』にはこうあります。

「高原陸地不生蓮 卑湿淤泥生蓮華 此喩凡夫在煩悩 泥中生佛正覚華」

 高原の陸地には蓮は咲かないが、泥の中で蓮は花開く。これは仏のはたらきが凡夫の煩悩が泥の中で生まれることの喩えであります。こういった経緯もあり、仏様の台座は「蓮華座」「蓮華台」といい、大切な親鸞聖人の御名号などにも蓮華座が描かれていることがあるのです。

と蓮の事を述べましたが、まずはごゆるりと久遠寺境内の花々や日常をお楽しみ下さいませ。