名古屋市中区新栄にある「笑顔になれる寺」真宗高田派賢隆山久遠寺のご縁ネットワークです
久遠寺blog「シュリハンダカ」
  • HOME »
  • 久遠寺blog「シュリハンダカ」 »
  • たいせつなおことばのこと

たいせつなおことばのこと

朗読おてライヴ〜愛別離苦〜

17日夜は、一年に一度の定期イベント「朗読おてライヴ〜愛別離苦〜」の朗読イベント。 内容は事細かにお伝えしませんが、とにかく体験してほしい、いろんなお寺さんで開催してほしい、そんなイベントとなりました(でも似たようなイベ …

平成30年10月のおことば

10月のおことば「こんなにおかげさまを散らかしている私 すみません」 おかげさまとは、諸仏に対するお礼を意味する言葉です。 年齢を重ねるとともに、たくさんの人々の出会いにより教えを受け自身の在り方・価値観を少しずつ確認す …

平成30年9月の法語

9月の法語「こころを育てる畑を荒らさぬように」 夏前に、両親の身勝手な教育によって五歳の幼い命が奪われてしまった事件がありました。今でも、その子どものノートに書かれた文面に涙と悲しさでいっぱいになってしまいます。 自分勝 …

平成30年7月のお言葉

石原裕次郎さんの遺言で 「一つは嘘をつくな、二つは人にやってもらったことは忘れるな、三つ目は人にやってあげたことは忘れろ」 とありました。 私自身を振り返れば、やってもらったことは忘れ、やってあげたことは忘れないことを多 …

平成30年6月の法語

  自分の考えが絶対と思う時、周りが見えなくなります。 周りが見える時、周りの気持ちを理解することができ、その気持ちを汲むことができます。 病気になって初めて病気の人の気持ちもわかり、今まで黙ってはたらいてくれ …

Page 1 / 212

法話会のお知らせ

令和元年度下半期「定例法話会」日程です。
ご法話は13:30〜15時頃まで予定しております。
皆様のご聴聞を心よりお待ちしております。

【日程と布教使】

7/24(水)浄泉寺住職 戸田恵信師
9/27(金)浄泉寺住職 戸田恵信師
11/16(土)久遠寺副住職 高山信雄
12/19(木)浄泉寺住職 戸田恵信師

万障お繰り合わせの上、是非ご聴聞ください。

twitter

聞く」は話すことより消極的なことのように考えられがちですが、これくらい消極的な、
全身全霊をかけなければできないことはない。<いのちの実感より>

眼にみえるものは、眼にみえないものによって、支えられている。<いのちの実感より>

拝まない者も おがまれている 拝まない時も おがまれている
九(苦)を越えなければ 十の喜びに到り得ない。<いのちの実感より>

缶詰は真空調理なので、理論的には半永久的に日持ちしますが、缶それ自体の品質の保持期限が3年なので、一律、3年にしていると、缶詰を製造するメーカーの方に伺っています。

ちなみに作ってから半年以上しないと味が沁みないから、ツナ缶社員の方は意図的に賞味期限が近いか、切れたものを好むとか。 https://t.co/uTPl2x50Jw

Load More...
Copyright © 真宗高田派賢隆山久遠寺【kuonji.net】 All Rights Reserved.