名古屋市中区新栄にある「笑顔になれる寺」真宗高田派賢隆山久遠寺のご縁ネットワークです
久遠寺blog「シュリハンダカ」
  • HOME »
  • 久遠寺blog「シュリハンダカ」 »
  • たいせつなおことばのこと

たいせつなおことばのこと

平成30年5月の法語

「私の体の中にも「ありがとう」とお念仏の灯がともってくださる」 今、病気にあって初めて気づかされることが多々あります。 毎日当たり前に過ごしているところに、ある日突然予想もしなかった病気を宣告され、衝撃の中で何も考えるこ …

平成30年4月のお言葉

「泣」という字は、「サンズイ」に「立」という字で成り立ちます。 泣きたくてもなんとか立っていられる様子が想像できます。 では「涙」はどうでしょうか。 「涙」は、「サンズイ」に「戻」で成り立ちます。 どのような状況なのかと …

平成30年3月のおことば

  桜の花、梅の花、いろいろな植物も動物も「らしく」生きています。 人間も顔も体力も能力も違うわけで、与えられた「いのち」は平等であります。 他と比較する人生でなく、違いを認め合いながら私は私として生きたいもの …

Page 2 / 212

法話会のお知らせ

平成31年度上半期「定例法話会」日程です。
ご法話は13:30〜15時頃まで予定しております。
皆様のご聴聞を心よりお待ちしております。

【日程と布教使】

1/30(水)浄泉寺住職 戸田恵信師
2/22(金)浄泉寺住職 戸田恵信師
3/28(木)浄泉寺住職 戸田恵信師
4/24(水)浄泉寺住職 戸田恵信師
5/16(木)久遠寺副住職 高山信雄
6/27(火)浄泉寺住職 戸田恵信師

万障お繰り合わせの上、是非ご聴聞ください。

twitter

聞く」は話すことより消極的なことのように考えられがちですが、これくらい消極的な、
全身全霊をかけなければできないことはない。<いのちの実感より>

眼にみえるものは、眼にみえないものによって、支えられている。<いのちの実感より>

お寺を預かる住職がお金をかけずにお寺を元気にする方法は、見栄・意地・我を張るのをやめること。実は教えがよくわからないこと、信仰を持てていないこと、お寺や自分の将来が不安で仕方ないこと、そしてそれを語ること自体とても怖れていることを、隠さずに語るところから、何かが変わり始めるはず。

しゃびしゃび とか
鉛筆ときんときん とか
机をつる とか
窓がぱーぱー を標準語だと思っている市民が多い、名古屋においでよ。

いがみ合う煩悩の世界から
おがみ合う感謝の世界へ
っていうのが仏教のテーマなんやな。
語呂がいいから門前の黒板に書こう。

Load More...
Copyright © 真宗高田派賢隆山久遠寺【kuonji.net】 All Rights Reserved.