名古屋市中区新栄にある「笑顔になれる寺」真宗高田派賢隆山久遠寺のご縁ネットワークです

久遠寺Photo

久遠寺の日常を写真でお伝えします。

特に写真映えするのは「蓮」。街の中に堂々とさく蓮に思いを馳せることも。

蓮は泥の中で育ち、そこからきれいな花を開くことからとても仏教でも尊ばれています。泥は五濁悪世の我々衆生のすがた、そこに咲く清らかな蓮は仏様こころを頂戴した華のこと。つまり阿弥陀仏が私たちを救ってくれた姿として例えられています。親鸞聖人が著された『入出二門偈』にはこうあります。

「高原陸地不生蓮 卑湿淤泥生蓮華 此喩凡夫在煩悩 泥中生佛正覚華」

 高原の陸地には蓮は咲かないが、泥の中で蓮は花開く。これは仏のはたらきが凡夫の煩悩が泥の中で生まれることの喩えであります。こういった経緯もあり、仏様の台座は「蓮華座」「蓮華台」といい、大切な親鸞聖人の御名号などにも蓮華座が描かれていることがあるのです。

と蓮の事を述べましたが、まずはごゆるりと久遠寺境内の花々や日常をお楽しみ下さいませ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法話会のお知らせ

平成31年度上半期「定例法話会」日程です。
ご法話は13:30〜15時頃まで予定しております。
皆様のご聴聞を心よりお待ちしております。

【日程と布教使】

1/30(水)浄泉寺住職 戸田恵信師
2/22(金)浄泉寺住職 戸田恵信師
3/28(木)浄泉寺住職 戸田恵信師
4/24(水)浄泉寺住職 戸田恵信師
5/16(木)久遠寺副住職 高山信雄
6/27(火)浄泉寺住職 戸田恵信師

万障お繰り合わせの上、是非ご聴聞ください。

twitter

眼にみえるものは、眼にみえないものによって、支えられている。<いのちの実感より>

つらくても、おもくても、自分の荷は自分で背負って生きさせてもらう。 <いのちの実感より>

前回の事務局発送会では大型連休の特別支援として100家庭への発送作業を行いました。
お手伝いいただいたボランティアの皆さまありがとうございました。

次回は5月23日(木)です。
お手伝いいただける方を募集しております。
https://t.co/H9ltevU77w

こんなにも産みづらく、育てにくい世の中で子どもが増えるはずがない。

働き方は相変わらずブラック。
男女の収入格差当たり前。
解決しない子どもの貧困問題。
待機児童。

なにより、
産まないと浴びせられる暴言。
産んでも浴びせられる暴言。

子どもの数38年連続で減少
https://t.co/F1TIkUl178

随分前に頂戴したお説教の録音から。どなたやったかな。嬉しいお言葉(-人-)

つねにいますを佛という
ここにいますを佛という
ともにいますを佛という
この佛を南無阿弥陀佛という
このいわれを聞いて歓ぶを信心という
となえて喜ぶを念佛という

#まちのお寺の学校 #笑顔になれる寺 #法語 #念仏

Load More...
Copyright © 真宗高田派賢隆山久遠寺【kuonji.net】 All Rights Reserved.