境内納骨「あかり御堂」個別読経

お寺の日々 2024.02.03

2月の掲示板

2月の掲示板

「敵は己の中にあり」

割と有名な言葉で似たようなニュアンスの言葉を聞いたことがある方もみえるかもしれません、もしかしたら座右の銘にされている方も。

人生自分が願うほど上手くいかないことばかり、はっきり言って思い通りになりません。その原因を、あの会社のせいだ、あの人のせいだと自分以外に原因を求めもがいて最中だと思います。

しかし、どうにもならない、うまくいかない、と思いつつも、いつの間にか忘れてしまくらい解決していることもあるのではないでしょうか。

なぜ解決したのか。
誰かが手を差し伸べてくださったかも。
自分の中で解決方法を探し出したかも。

解決にはいろいろな糸口がありますが、どれも原因こそ、自分の中にあるのではと疑ってみましょう。

自分が頑なに他人に頼ろうとしなかったか
自分が凝り固まった考え方をやめた途端道が開けたのでは

どれも自分が原因。

仏教ではそれを煩悩と呼びます。

煩悩は、私の体や心を悩ませ、掻き乱し、煩わせ、惑わし、汚します。思い通りにしたいがために、無理な理想を掲げ、自分のためと思ったことで自分を惑わしてしまう作用です。そういった敵=煩悩が常に私の中に住んでいる、まずそれを知らねばなりません。知ったけれども、いつまでも巣食う敵がいます。その敵はいつでも顔をだしてくるけれども、常日頃生活しているだけではなかなか気づきにくいことでもあります。

仏様と向き合い手を合わせお念佛をお称えする。

お念佛を通して初めて仏様や亡き大切な方々、自分自身と向き合うことで照らされる私の心があります。

知った上で、諦らかにする。

諦めるのではなく、明らかにすること。

私の心はこういった心である、いつでも煩悩と一緒である、と明らかにした上でわたし自身と付き合っていくこと。

それが敵=煩悩と付き合う一つと思います。

お知らせ 2024.01.12

朝活、始めます!!

地域のお寺が地域のためにできることを。

お寺でラジオ体操と町内清掃、スタートします。

健康づくりの第一歩として・・・
お仕事前にからだをゆるめてみては・・
早朝から体にスイッチを入れてみる・・・
井戸端会議で地域コミニケーション・・・・

お子様からご高齢の方までどなたでもご参加いただけます(ご予約不要)
覚えやすいように【毎月16日】としました。

16日は、久遠寺第十八世だったおじいさんの命日でもあります。
寺族にとって大切な日に、地域の寺として寺ができることを実施していきます!

新栄にご縁があるみなさま、ご興味がある方々、ぜひご参加いただき、みんなで地域をもっともっと元気にしていきましょう!!

余談:スタンプを集めて、地域のためにある商品も検討中(笑)

久遠寺住職のぶ 合掌

お知らせ 2024.01.05

令和六年謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年末から著名人のご逝去が続き、はたまた未曾有の震災が石川県を襲っています。被害こそないものの、心を痛める出来事が多い年末年始となりました。
能登半島地震につきましては、被害に遭われた皆様、ご縁ある皆様に心よりお見舞い申し上げます。

久遠寺でも法務やおてらおやつクラブの活動を通じて、できることを努めてまいります。何卒お支えくださいませ。

今年は辰年。
昨年お直しした寺の角掛けがちょうど龍でした。
龍の如く、空を駆け巡り昇っていけるようにとの想いを胸に、どうぞ引き続きご縁賜りますよう心よりお願い申し上げ、新年の挨拶といたします。

南無阿弥陀佛
久遠寺第二十世住職 信雄

お知らせ 2023.12.29

令和6年法要・行事・イベントスケジュール

令和6年の1月から3月までのスケジュールが一覧できます。ぜひご興味がる法要、行事、イベントがありましたらご参加くださいませ。

お知らせ 2023.12.20

令和6年/2024年年忌早見表

早いもので後数日で令和5年が終わり、令和6年となります。

毎年繰り返し繰り返しですが、都度みなさまの環境にも変化があることかと思います。そんな時に、亡き大切な方に心を寄せ、自分がどう歩んでいるかご報告する時間(ご法事)をご予定くださいませ。

ご連絡はお電話もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

【気をつけてほしいこと】
法事を週末に勤める方が多くおられますが、お寺でも週末は法事が集中します。寺へ希望日時のご連絡を早めにお願いいたします。
命日より早めの日程が望ましいですが、ご家族が一番揃われるようでしたら後日でも構いませんので、法事を勤めることを先決にご検討ください。
近い年月で法要が重なった場合、合わせて勤めることも可能です。

お寺の日々 2023.11.23

こどもえんにちを開催しました

昨年に引き続き、11月3日文化の日に久遠寺で「こどもえんにち」を開催しました!

子どもたちが思いっきり遊ぶ!!


をテーマに、そしてお母さんたちには少しでもリラックスしてもらえる空間づくりをしました。
当日は、子どもたちと親御さん120〜30名を40名を超えるボランティアさん、かず多くのブース出展関係者のみなさまでお迎え。

秋晴れの心地よい日でもあり短い時間でしたが、子どもたちにとってきっと良き時間を過ごしてもらえたのではないかと思います。詳細はシェア元からご覧くださいね。

https://livequality.co.jp/hub/about/news/231115?fbclid=IwAR1dPL5kfDwBaOi55BLfZVXTtJy1xrhrhRu8O0UCZ7hnv2jrnC1bbhP2vCg

お知らせ 2023.11.22

報恩講並びに住職継職法要を無事勤修いたしました。

年に一回の法要『報恩講』に合わせ、住職継職法要を併修しました。
前住職の表白、新住職の表白で改めてほとけさま、お檀家の皆様、ご縁ある方々へ報告申しあげました。

法要というケジメを迎えることで、重責をより一層感じながら勤めてまいりますので、何卒ご指導のほどよろしくお願いします。

余談ですが、今回16世(約100年前)の七条袈裟を着用し、紡がれてきた歴史の重さまでいただくことができました。

ここに表白の一文をおいておきます🙏

ここに末学釋信雄、身は甚だ愚鈍にして力及ばず。今、当山第二十世住職を継職するにあたり
仏祖の冥加と当山歴代の恩恵、有縁法中の良導
ならびに、門信徒一同の協力なくんばこの重責ゆめゆめ果たせず

これよりいよいよ仏法興隆の時、日夜に無漏の慧燈を仰ぎつつよく学び、よく励んで 我が心身を当山の護持発展に捧げ、必ずや自行化他 自信教人信の聖訓に添い奉らんことを敬って白す

みなさまのおかげで今があります。引き続きよろしくお願いいたします。

お知らせ 2023.09.24

令和5年度報恩講と住職継職法要を併修いたします

日時 十月二十一日(土)

   お勤め 午後一時

   ご法話 午後二時 戸田惠信 師

 年に一度の報恩講をお迎えします。親鸞聖人のお念仏のみ教えをいただき、わたしの歩むべき道を示してくださったご恩に感謝するご縁です。

 また当山住職が十九世元智より二十 世信雄へ継承されました。こちらも阿弥陀さまへのご報告も兼ねてみなさまへ直接お伝えしたく存じます。皆様のご来寺を心よりお待ちしております。

 ※お参り方へ継職記念品を贈呈します  

 ※お寺の子どもたちもお勤めします